graphics.h モノクログラフィック

include <graphics.h>

z88dk にはプラットファーム共通のモノクログラフィックライブラリ graphics.h があります。

https://github.com/z88dk/z88dk/wiki/Classic-Monochrome-Graphics

このライブラリを使用する事で、
プラットフォームに依存しないグラフィックの線画が可能です。

プラットフォームによってはテキスト画面にキャラクターを出力する
仮想グラフィックを用いる場合があります。
そのため、モノクログラフィックで使用できる幅は
プラットフォームで大きく差があります。


graphics.h の関数

  • void plot(int x, int y)
    点を描きます。
  • void unplot(int x, int y)
    点で消します。
  • void xorplot(int x, int y)
    点で反転します。
  • int point(int x, int y)
    特定座標に線画されているかを得ます。
  • int getmaxx()
    横の最大座標を得ます。
  • int getmaxy()
    縦の最大座標を得ます。
  • void draw(int x1, int y1, int x2, int y2)
    線を描きます。
  • void xordraw(int x1, int y1, int x2, int y2)
    線で反転します。
  • void undraw(int x1, int y1, int x2, int y2)
    線で消します。
  • void drawto(int px, int py)
    最後に描いた座標を開始点として座標まで線を描きます。
  • void xordrawto(int px, int py)
    最後に描いた座標を開始点として座標まで線で反転します。
  • void undrawto(int px, int py)
    最後に描いた座標を開始点として座標まで線で消します。
  • void drawr(int px, int py)
    最後に描いた座標からの相対座標で線を描きます。
  • void xordrawr(int px, int py)
    最後に描いた座標からの相対座標で線を反転します。
  • void undrawr(int px, int py)
    最後に描いた座標からの相対座標で線を消します。
  • void drawb(int tlx, int tly, int width, int height)
    四角枠で描きます。開始座標と大きさになっている事に注意して下さい。
  • void undrawb(int tlx, int tly, int width, int height)
    四角枠で消します。
  • void xorborder(int tlx, int tly, int width, int height)
    四角枠で反転します。
  • void circle(int x, int y, int radius, int skip)
    円枠を描きます。
  • void uncircle(int x, int y, int radius, int skip)
    円枠で消します。
  • void clg(void)
    グラフィックモードの初期化を行い、画面をクリアします。\

4x4 ドット単位の点で線画します。座標は 4 分の 1 となります。

  • void c_plot(int x, int y)
    座標に 4x4 ドットの点を線画します。
  • void c_unplot(int x, int y)
    座標に 4x4 ドットの点で消去します。
  • void c_xorplot(int x, int y)
    座標に 4x4 ドットの点で反転します。
  • int c_point(int x, int y)
    座標の 4x4 点状態を返します。